梅雨入り。
yahotenjin2.jpg

yaho20150612.jpg

yaboroji20150632.jpg

yaboroji20150642.jpg

野の花に心が潤いました。
2015.06.12 / Top↑
danti1.jpg
取り壊し中の団地。
ざっくり切り取ったみたいな断面。


danti2.jpg


danti3.jpg
団地の壁。赤いタイル。
解体を待つばかり。

nohara1.jpg
かつて、ここに学童クラブがあった。

2015.04.24 / Top↑
kaii201501.jpg

山種美術館での『東山魁夷と日本の四季』展を観ました。

この前に、日本橋三越での『東山魁夷 わが愛しのコレクション展』も観ており、
大好きな東山魁夷についてあらためて認識を深めていたところ。
「絶対に行く!」と決めていたのに、気付けば終了2日前・・・
諦めかけましたが、自分を奮い立たせて行ってきました。

朝降った雪のせいか、いつもよりは空いていて、ゆっくり観ることができました。

全長9メートルに及ぶ《満ち来る潮》を、前に設置されたスツールに座って
ひとりぼうっと観るぜいたくも。


2015.01.30 / Top↑
旧年中は大変お世話になりました
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

niche1.jpg
≪画像≫
Still Life with Books in a Niche, Barthélémy d' Eyck, 1442 - 1445

2015年の年賀状は、素晴らしい所蔵作品のオープンデータ画像を所有する
Rijksmuseum(アムステルダム国立美術館)から、
パブリックドメイン(著作権フリー)の絵画画像を使用しました。
アムステルダム国立美術館のサイトでは、著作権フリーの画像を使って
製品を作ったりもでき、その製品のコンペなどもあります。
絵画やデザイン等に興味ある人には楽しいと思います。
私も写真や絵画を観て時を忘れました。行ってみたい・・・。
日本でも、所蔵品をデジタル化しオープンデータすることによって、
「実物を観たい」と海外から問い合わせも来るようになったという事例も。
すごいですねー

20150101f.jpg

母の実家・金沢のお菓子、辻占(つじうら)と福徳(ふっとこ)。
毎年百貨店などから取り寄せて正月の食卓に並びます。
私の辻占は「るす事のだご」
(留守の間の団子→留守の間に美味しいことがある)でした。
今年もこっそりと美味しいものをいただきましょう。

kamaboko.jpg
干支にちなんで、家族が飾りかまぼこを作ってくれました。
かわいい。

皆さまにとって、どうぞいい年になりますように。

2015年新春
2015.01.09 / Top↑
「浴衣が着たい」とここ何年も言い続けていたら、
和装美人の友人が「じゃあ、秋祭りで着る?」と誘ってくれました。
結局、下駄を履ける状況になく、今年も浴衣をあきらめたのですが
吉祥寺のお祭りに出かけることに。

maturi201401.jpg

わっしょいわっしょい!と町内会ごとのお神輿が町中あちこちで
移動中でした。写真はダイヤ街で遭遇したお神輿。

その後、秋らしくちょっと涼しげな着物を着た友人と合流して、
八幡神社の縁日へ。
以前は見かけなかった外国人がやってるエスニックな屋台や、
外国人の観光客の姿が多かったように思います。

ベンチでタン串を食べていたら、
近くに住んでいるというアメリカ人の男性に話しかけられたり、
浴衣の小さな姉妹とおしゃべりしたり、
ふれ合いがありました。
人を開放的にするお祭りの雰囲気と、友人の着物の魔力でしょうか。
和装っていいですよね。

maturi201402.jpg

近所の台湾居酒屋でビールとゆでピーナッツ。
開け放たれた窓からの夜風が気持ちよかったです。

maturi201403jpg.jpg

どうしても今日はケーキを食べる!と決めていたので、
ゆりあぺむぺるへ。
久しぶりに来ましたが、ここは時が止まったかのようです。
素敵なクロス、素敵なカップ、美味しいケーキ・・・
突然降り出した夕立をよけて入ってきた若い女子学生たちのさざめきも
心地よく消化する空気。 ゆったり過ごしました。
開発が進む吉祥寺駅の南側ですが、ここはなくならないでほしいです。
2014.09.13 / Top↑