神楽坂にある新スポット・la kagu(ラカグ)に行ってきました。
新潮社の倉庫だったところを、建築家・隈研吾氏がリノベーションしたオシャレ施設。
コンセプトは“REVALUE”。
最近人気の、ライフスタイル提案型のセレクトショップという感じでした。
lakagu11.jpg

※以下、写真は許可を得て撮影しています。


今回お目当ては2階の本のスペース。
「新潮文庫100周年特別企画」全タイトル3000冊ずらり、は壮観です。
段ボールを利用しての、ピッタリサイズの文庫棚が美しい!
作れるように思いますが、きっと難しいのだろうなあ。
lakagu13.jpg

ベンチがいくつも並んだスペースは夜間、毎日のようにイベントが行われます。
江國香織さん、宮部みゆきさんなどの大人気作家の名前も。

lakagu12.jpg

「10×10ー10人の選ぶ、10冊の本」も面白かったです。
本のタイトルが映らない範囲での撮影をお願いします、と言われましたので、
お見せできないのですが見せ方はやはりスタイリッシュでした。
同じようなことをやっているつもりだけど・・・というハテナがぐるぐる。
選書する人は1ヶ月に5人ずつのペースで変わるようですが、
現在は石川直樹さんや隈研吾さん、東直子さんなどなど。

本のスペース以外は家具やファッションアイテムがオシャレに並ぶ空間、
そして1階にはオープンな雰囲気の食堂があります。
カフェではなく、食堂、という感じ。

イベントがあるときは本のスペースを見ることはできないので、本棚を見る場合は
日中行くのがいいようです。
2014.11.10 / Top↑
Secret