最強のふたりコレクターズ・エディション(2枚組)(初回限定仕様) [DVD]最強のふたりコレクターズ・エディション(2枚組)(初回限定仕様) [DVD]
(2013/03/22)
フランソワ・クリュゼ、オマール・シー 他

商品詳細を見る


『最強のふたり』(原題:Les Intouchables 2011年 フランス)
監督: エリック・トレダノ、 オリビエ・ナカシュ
出演: フランソワ・クリュゼ、 オマール・シードリス、 オドレイ・フルーロ、 アンヌ・ル・ニ 他


事故で全身麻痺となった大富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)の介護者選びの面接に
スラム街出身のアフリカ系青年ドリス(オマール・シードリス)が現れる。
どんな者でも2週間ともたないというフィリップの介護だが、待遇にひかれ面接希望者は大行列。
しかしドリスは失業保険をもらいたいがために不採用を望んでいた。
フィリップは、他の者と違って自分に同情しないドリスを気に入り、試用期間をもうけて雇うことに。

※この先の記述は映画の内容を含みます。
実話をもとにした、フランスのヒューマンドラマ。
セグウェイを車いすで追い抜く予告編が印象深く、公開時から観たいと思っていました。

タイトルの邦訳がセンスないですね・・・
「触れあえない人々」という原題のニュアンスがまったく活かされていない!
内容は、とても素晴らしく、好きな映画でした。

まず、冒頭のカーチェイスのシーンで流れるEarth,Wind & Fireの「september」!
もう大好きな曲なのでそれだけでぐっと、テンションが上がりました。
その後も、クラシック好きなフィリップのお気に入りの曲、とにかくダンス曲の
ドリスのおすすめ曲など、どれも音楽のセレクトが抜群に自分好みでした。

障害を持つ人については、タブーとされていることが多くあります。
日本においては、表記ひとつとってもそうです。
(この記事ではあえて映画と同じ障害と書きます)

でも、スラム出身のドリスは、まったく頓着せず、
「健常者用のチョコだからあげないよ」なんて平気でジョークを言う。

フランスは貧富の差が激しく、肌の色に対する偏見も残るそうです。
しかし、マイペースなドリスはお構いなしで、堅苦しいお屋敷の中で
眉をしかめられても持ち前のシニカルなジョークで周りを思わず笑顔に
してしまうのです。
車いす用のバンを断り、高級スポーツカーの助手席に乗せる。
秘書をナンパする。フィリップの生意気な娘を一括する。
そんな自由なドリスに、フィリップもにやり。

けれども、呼吸困難に陥ったフィリップへのドリスの対処には、
本当の思いやりや人としての優しさがあって、涙がこぼれました。

そんな愉快な二人の友情の日々は、突然終わりを告げますが、それも、
ドリスの家庭事情を思いやったフィリップによって。
毅然としたフィリップに諭されて、ドリスも複雑な自分の問題に向き合うように
なれるのです。

ドリスでないと快適でない、満足できない。寂しさといらだちから
フィリップは荒れていきますが、そんなとき現れたドリスの取った行動が
また素晴らしいです。
使用人と主人という関係を超えて、真の友情だと思いました。

本当に友として人を思いやること、そのことについて、ユーモアもまじえて描いた
素敵な作品でした。
2014.07.25 / Top↑
Secret