上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
早朝、羽田空港から福岡空港に降り立ち、レンタカーで一路 佐賀へ。
話題の武雄市図書館にやってきました!

DVD、CD、書籍、GAMEの販売・レンタルの「TSUTAYA」を主に展開する
CCCが指定管理により運営し、スターバックスを併設。
普段図書館に興味のない人たちでさえ「すごいんですってね」と噂を
知っている・・・知名度であれば日本一ではないかという図書館です。


takeo01.jpg
通りから見える図書館の表示。

takeo02.jpg
後ろには、また違う言葉が。
おしゃれー

takeo03.jpg
スタバのある図書館として全国的に有名になったのですが、
やはり看板にもスタバマーク。
後ろにある幕は、翌日開催の流鏑馬の準備がされているところでした。

takeo06.jpg
敷地入り口から、エントランスに向けての坂は気分が高揚します。

さてさて、肝心の中身はどうでしょうか。
*以下は、あくまで、ざっと見た感想と印象です。
 詳細な検証やリサーチは行っておりませんがご容赦ください。

さて、中に足を踏み入れてみると・・・
こじんまりとした代官山の蔦屋書店が、そこにありました。

1階は入ってすぐが書店販売スペースで、売り物の本が平積みになっており、
その奥に雑誌が配置されています。TSUTAYAの音楽・映像レンタルスペースもあり。
武雄市図書館では、図書館として雑誌は所蔵せず、書店スペースで販売するという
方法をとっています。

平積みスペースと雑誌スペースの中間に、地元のお土産ものや雑貨が配置され、
目を引きます。
雑貨好きな私には見慣れた光景であり、しかも代官山蔦屋書店を見てしまっているので
全く目新しさはないのですが、初めてこうしたお店を訪れてたら普通に楽しいし、
興奮すると思います。

図書館部分については、従来と異なる点がいくつもありました。
書架はものすごく高く、身長166cmの私でも見上げて首が痛くなるほどです。
閉架書庫を持たない、という考えのもと、すべての蔵書をお客さんの目の届く場所に
というコンセプトだと聞いていましたが、実際には「届いて」いないかも・・・
上の方の棚はブラウジングは不可能です。
自分で手に取るのではなく、スタッフに頼んで取ってもらうそうなので、結局
書庫と同じかなと思いました。
重厚な書棚ディスプレイにはなるかもしれませんが、きれいで新しい書架なのに
場所によっては蜘蛛の巣が張っていて残念でした。

図書館は、内容によって「分類」があり、定められた分類の番号順に本が並べられる
決まりがあります。理解すれば、情報にたどりつく有力な手がかりとはなりますが
一般の利用者の方には分かりにくく、求める本を探せないということもあります。
武雄市は独自の分類で、分かりやすい書架配置をうたっています。
医学のコーナーは見習いたいと思いましたが、その他は出版社ごと、シリーズごとで
並べてあったり、見た目のきれいさを重視しているのかなと思いました。
その割に棚の本はラフな感じで「立って」いる印象でした。

書架の合間にある椅子や机も少ないかなあと感じましたし、それぞれの場所によって
用途が思ったより厳格に決められているようでした。
ゾーニングについては、多少必要(たとえば、児童のスペースを大人が占拠しない)と
考えていますが、本来想定していない利用のされかたが相当あったのでしょうか。

児童スペースも、書架の高さが気になり(小学生が絶対に取れない場所がある)、
また、中高生向けのコーナーが設けられていないのも残念でした。
おはなしのスペースもオープンで、素話や読み聞かせに必要な閉じられた空間が
ないように思いました。

がっかりしたのは、多くの図書館で配布しているお勧め本のブックリスト等、
図書館で作成・配布するチラシや資料がなかったことです。
その図書館の考えやセンスがあらわれるので、私にとっては大変勉強になるものです。
そのようなものは作成していないということでした。
民間だからということではないと思いますが・・・。

それでも、スターバックスのスペースはにぎわっていましたし、明るいおしゃれな雰囲気は
これまでなかった楽しみを町にもたらしているのは確かです。
しかし、そこにはハコとしての施設の力が大きく、地域の特色が出た人の力を感じることは
短い時間の間では無理でした。

図書館がこれから先求められている「場」としての価値、そのことについて評価を得ている
ことは、すごいと思いますし、今後 他の図書館が真剣に考えなくてはいけないところです。
「ハコ」は大きな影響力を持っていることを実感した訪問でした。

takeo05.jpg

2013.10.22 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。