スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ビル・カニンガム&ニューヨーク

公開前から気になっていた映画が、吉祥寺のバウスシアターで
かかっていたので、えいやっと観に行ってきました。

billk.jpg


『ビル・カニンガム&ニューヨーク』(2010年 アメリカ)
原題:Bill Cunningham, New York
監督:リチャード・プレス
出演:ビル・カニンガム、アナ・ウィンター、カルメン・デロリフィチェ、
    トム・ウルフ、エディッタ・シャーマン 他


フォトグラファー、ビル・カニンガムを追ったドキュメンタリー。
50年以上にわたりニューヨークの街角で毎日人々を撮影し、
ニューヨーク・タイムズ紙で人気ファッションコラムと社交コラムを
書いているビル。超有名人ながら謎に満ちたカニンガムに2年間密着し、
知られざる私生活や仕事ぶりに迫る。

※この先の記述は映画の内容を含みます。




80歳を超えてなお、ニューヨークのタクシーの間をぬって自転車で
駆け抜け、ファッションを撮り続けた写真家。
とにかくファッションが好きだということ。
ファッションのためには、自分の生活には無頓着で、食事は安い
ファストフード。パーティーでも水一滴、口にしない。
徹底的にそぎ落としたビルの生活の中で、ニューヨークの個性的な
ファッションが人々がきらきらと輝いていく。

ストリートスナップだけを撮り続けたのではなく、
セレブのパーティーもブランドのコレクションも必ず出席し、
「偏りのない」ファッションの捉え方を心がけていたこと。

「好きだから仕事だと思ったことない」というビルは、観る前の
想像と違い朗らかで陽気なおじいちゃん。
最後は住み慣れたカーネギーホールのアパートを引き払うけれど、
「私の人生をこんなことで台無しになんかさせないよ」とにこにこ
笑うビルのたくましさに、目頭が熱くなりました。

好きなことに生きるって、素晴らしい。
観終わったときは涙が流れて仕方がなかったです。

rinde0619.jpg

映画の後は大好きなリンデでサンドイッチ。
至福の休日です。
[ 2013/06/19 10:57 ] 映画 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。