現役大学生が在学中に執筆し、賞を獲って話題になった小説を
若手俳優たちで映画化し、注目の作品。
独特の雰囲気と、斬新な発想で展開した物語がどのように
映像化されているのか、楽しみでした。

kirisima1.jpg

『桐島、部活やめるってよ』(2012年 日本)

原作:朝井リョウ
監督:吉田大八
出演:神木隆之介、橋本愛、東出昌大、大後寿々花 他


田舎町の県立高校で映画部に所属する前田涼也(神木隆之介)は、
静かで目立たない、クラス内ヒエラルキーでは最下層の存在。
ある日、バレー部のキャプテンを務める桐島が突然部活を
辞めたことをきっかけに、バランスを保っていたかのように
見えた学校内の人間関係やそれぞれの思いが揺れ始めていく。


※この先の記述は映画の内容を含みます。
評判もよいそうですが、原作の面白さも生かしつつ、映画としても
期待以上に面白かったです。
俳優陣がよかったのだと思います。特に、野球部の宏樹を演じた
東出昌大は、はまり役でした。
主演の神木隆之介も映画オタクの前田にしか思えませんでしたし。

家族は出てきません。
学校外の登場人物は全く登場しない。
そこが、「ほとんど学校の出来事がすべて」だったある時期のことを
生々しくリアルに描いていると思います。
高校時代を過ぎ去った多くの人たちは懐かしさを感じ、登場人物の
誰かに自分を重ねて観るのではないかと思いました。
いわゆる「目立ってる」グループの子たちにもそれぞれに悩みや
葛藤があります。前田やブラバンの部長が、部活に打ち込む姿を
「ムダ」というように考える彼らも、バレー部で活躍する桐島は特別と
認めている。なのに、その桐島が誰にも告げず部活を辞める・・・
その、事件性。
映画を観て、そのテーマが思ったよりも青春時代の重要なある一点を
ついていたんだな、ということに気付かされました。
最後に前田が笑顔で言った言葉がとてもよかったです。
過去の自分も救われた気がしました。

細かい点を確認するため、また原作を読み返そうと思います。


原作はこちら


いまどきの高校生の日常を切り取ったかのような
連作短篇集。タイトルと表紙のデザインは、普段
本を読まない10代の若者にも「読みたい」と
思わせる、手にとらせる力がある。
部活や同級生、教室といった閉じられた空間が
ほぼ全てであったこと、そしてその外側にある
世界への憧れや不安みたいなものが渦巻いていた
頃のことを思い出した。
2012.09.09 / Top↑
Secret