「踊る」15年の集大成。
いてもたってもいられず、公開初日に観てきました。

odorutmf.jpg

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(2012年 日本)

製作:亀山千広・永田芳男 脚本:君塚良一 監督:本広克行
出演:織田裕二、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、柳葉敏郎 他


湾岸署管内で開催中の国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件が発生。
被害者が射殺体で発見される。緊急招集された捜査会議では、すべての捜査情報を
鳥飼管理官(小栗旬)に文書で提出するという異例の義務が課され、所轄の捜査員は
一切の情報を開示されないまま捜査を進めなければならない事態に。
そんな中、第2、第3の殺人事件が立て続けに発生してしまう。


※この先の記述は映画の内容を含みます。

青島とすみれの掛け合いも、室井さんのしかめっ面も最後なのかあ、と
寂しい気持ちと、新作を観られるという喜びとのはざまで劇場へ。

しかし、あのテーマ曲が大画面で響きわたると、そういった葛藤は吹っ飛び
TVシリーズを観ていたときのような、わくわくした気持ちが蘇ってきました!
まだ学生だった自分も含め妹弟も、とにかく「踊る」の日は家に帰って
リアルタイムで観るんだ~、と楽しみにしていたのを今でも思い出します。

さて、冒頭から湾岸署メンバーは楽しい雰囲気でしたが、一転して警視庁は
暗く重たい雰囲気。今回の映画の「最悪の正義」というテーマを暗示するようです。

踊るでは新顔といえる伊藤淳史の演技も、しっかりと作品を支えていました。
きっと、キャストの関係や雰囲気がいいんだろうなと感じました。
過去に出演した方々の再登場も嬉しい!

これで本当の最後、ということのようですが、またいつか会える気がして、
観終わった後はなぜか寂しさが消えていました。

色々と思いはありますが、言い尽くせない感じ。

踊るファンであるなら是非スクリーンで観てもらいたいです。


2012.09.07 / Top↑
Secret