今回京都で見たかったもののひとつが、東福寺のお庭です。
16時で閉まってしまうので、急いで移動しました。
途中バスに乗って地下鉄で駅まで行こうと思っていたのですが、
京阪電車で行けることに気付いて急いで途中下車。
その後の移動はとてもスムーズでした。

東福寺はとても大きなお寺。
おそらくじっくり見ていると、一日かかってしまいます。
お目当ての方丈庭園へ。

kyoto2011045.jpg

方丈東庭。別名「北斗の庭」
円柱型の石が北斗七星を構成し小宇宙を表現しています。


kyoto2011046.jpg

南庭。
枯山水式庭園です。
向唐破風の門は、恩賜門ともいい、明治期唐門の代表作だそう。

そして、お目当てはこちら!

kyoto2011041.jpg

裏庭の、市松の庭です。
モダンかつポップです!
日差しが強く当たる方角らしく、緑が枯れている部分が多くて
きっと春ごろにきたら一番きれいなのかなと思いました。


kyoto2011043.jpg

西庭「井田市松」の庭。
さつきの刈込みと砂地で、こちらは立体的な市松模様。

kyoto2011042.jpg

西庭の先に、通天橋が見えます。
廊下フェチにはたまらない~。


方丈庭園を見た後、その通天橋を渡って 開山堂庭園へ。

kyoto2011044.jpg

池泉鑑賞式庭園、江戸中期の代表的な名園です。
外国からの旅行客が幾人も休んでいました。
何か彼らの心に訴えるものがあったのでしょうか。

三々五々御坊様が集まってきて、何かのリハーサルが
行われてもいました。

おりしも西日が照りつける時間帯で、なかなか綺麗に
写真が撮れなかったのは残念です。

しかし、暑い日差しの中で人もまばらな庭園にいると涼しい風が
吹いてくる気がしました。



2011.09.14 / Top↑
Secret