上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今回、長野を訪れたのは、蛍の乱舞を観るためです。
訪れた日は観測数はそんなに多くなかったようですが 生まれて初めて見る
たくさんの蛍にとても感激しました。

遠くで近くで。ふわりふわりと 光が漂うさまは、夢のようでした。
共鳴して光ることも、初めて知りました。

けれどもそんなに感動した蛍の乱舞でしたが、残念なことに熱心な
地域復興のあまり、他県より蛍を購入しての放流が行われ、かえって
地元の生態系が壊されているという事実があるようです。

「たくさん蛍を見せた方が観光客が喜ぶ」ということで、移入が進み
自然破壊につながってしまう。
環境を顧みない観光政策はいまに始まったことではなく、明治時代
からのようです。

震災以降、何かにつけて、裏があるように思えてなりません。
自然が心を癒してくれるかと出かけた先でも、こんなことにあい、
とてもショックでした。

けれども、今は少し落ち着いて、知ることができてよかったんだと思えます。

蛍たちのはなっていた光に、私の心の中は照らされて、この先どう生きていくかまで
考えることができました。自分の心に素直になれました。
そのときの心もちは、嘘ではない。

出来ることなら、そんなに多くでなくてもいい、自然な形で蛍の光を楽しめる、
そういう日を目指し、自分に何ができるか考え、実践しながら生きていこうと
思っています。

2011.06.24 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。