上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
東京国立博物館(平成館)で開催していた『写楽展』、最終日に行ってきました。
震災の影響で会期が1カ月ずれての開催でした。
人々の心も落ち着いた頃で、テレビで紹介されたこともあり、大人気の展示。
おまけに最終日とあっては・・・混雑も覚悟の鑑賞となりました。

sharaku1.jpg
sharaku2.jpg

寛政6年(1794年)5月、江戸大芝居三座に取材した豪華な大判雲母摺りの
役者大首絵28図を一度に出版し、華やかにデビューを果たした東洲斎写楽。
翌年正月までの約10ヶ月という大変短い期間での活動でした。

その間に写楽が残した140図以上の版画を、約170枚の作品によって、
写楽版画の全貌を紹介する展示です。


第一会場入り口付近は行列になっていましたが、展示会場自体がとても広く、
作品もたくさんあって見ごたえがあったので、混雑していた割には楽しかったです。

やはり美人絵が人気ありました。着物の柄など、今見ても「かわいい」「きれい」と
思えるものが多いです。

面白いな、と思ったのは展示の仕方。

同一の興行、同一の役に取材した作品を写楽と他作家と並べてご紹介しており、
写楽とその他の浮世絵師の特徴がわかります。そして、モデルとなっている役者の
顔も「やっぱりこういう特徴なんだな」と想像できて楽しかったです。

版画なので、当然複数枚存在するものもあり、刷りや保存状態による違いを
比べられる展示もありました。

何より感激なのは、世界中に散らばっている作品が、今回の展示のために日本に
「里帰り」して、本来はひとつづきの作品であったり一対の絵のようであった
ものが一度に見られたことでした。
当時の歌舞伎の舞台がよみがえるようで、とてもよかったです。

日本が世界に誇れる美しい文化を、日本人自身が再発見できる機会になったと
思います。断片ではなく、ひとつのまとまりとして理解するのに、やはり
こうした展示は重要であるのだと感じました。
最終日に行けてよかったです。


2011.06.12 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。