スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オリオールバラゲのショコラ

目黒からさらに白金台に向かいました。庭園美術館の展示はあまり興味が
そそられず、そのままプラチナ通りに歩みを進めます。

以前行ったことがあるチョコレートのお店を再訪したかったのですが、
なかなか見つからずウロウロ。

スペインの天才ショコラティエで、「デザート界のピカソ」と呼ばれていた
Oriol Balaguer(オリオール・バラゲ)のお店です。

ようやく住所を手がかりにビルをつきとめましたが、なんと閉店していました。
が、貼り紙がしてあり、すぐ近くのセレクトショップで取り扱っているとあった
ため、めでたく再会できました。(現在の取り扱い店はこちら→


oriolb.jpg

以前は好きなフレーバーを一つずつ選べたのですが、すでに箱詰めされている
セットしか販売されていません。

左から、パッション、オレンジ、木苺、杏。
表面はつやっつや。ハードな口当たりを想像するフォルムだけど、口の中に
入れればとろけるような感触で、香りはふわっと・味はこっくりと広がります。
木苺が印象深い味でした。

やっぱり他では味わえない美味しさでしたので、直営店の閉店は残念。
白金台ではドーナツ・プラントの1号店が閉店になるようでしたし、
お店の入れ替えが行われているみたいです。
家賃もあるのだろうけど、震災が影響しているのでしょうか。


[ 2011/05/01 10:24 ] -お菓子 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。