上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
武蔵小山から歩いて目黒へ向かうことにしました。
細い道をいくつも通り抜けましたが、驚いたのは猫の多いこと!
猫町だったんですね。

地図で確認しつつ歩いていくと近くに林試の森公園という
公園があるようなので、通りすがりに寄ってみることに。

林試の森公園は今からおよそ110年前、明治時代に「目黒試験苗圃」と
してスタートしたのが始まりで、その後「林業試験場」に名称を変更。
さらに試験場が筑波研究学園都市へと移転したあとは、整備されて
現在の「都立林試の森公園」となったそうです。

試験場だっただけあって、通常の公園とは違い 同じ木が並んで
いるわけではなく、さまざまな木があって面白かったです。
木がたくさんあるので鳥や虫や、動物も多く生息しているようでした。

入ってすぐ目についた池では・・・

rins2.jpg


rins1.jpg

カメたちがのんびりと甲羅干しをしていました。

さらに、同じ池にはびっしりとオタマジャクシが泳いでいました!
こんなにたくさんのオタマジャクシを、水槽以外で見たのは初めて。
子ども心にかえって存在そのものに集中しました。
(なんとか写真に撮りたかったけど難しく、断念)

オタマジャクシって絵本に登場したり、存在自体は知っているのに
実際こうして生きて池で泳いでいる・・・という事実を忘れていて、
目にして初めてそのことに気付きました。

今日一番、心に残る出来事でした。

2011.04.30 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。