平日午後の銀座に行ってきました。
もしかしたらやっていないかも・・・と思いつつ、
京橋にあるHIDEMI SUGINO(イデミ・スギノ)へ。
行列していない。しかも、すぐ入れる・・・。
最近は落ち着いたのでしょうか。地震の影響なのでしょうか。
ともあれ、ゆっくりしてしまいました。

ピスターシュクリームが入っているチョコレートケーキ、
アンブロワジー。クープ・ド・モンド世界洋菓子
コンクールでグランプリ受賞というだけあって、美味しかった!
店内は残念ながら写真撮影禁止ですので、感想のみ。

その後、銀座方面へ歩いて、文字通りの「銀ブラ」。

教文館ナルニア国では、出久根育さんの『もりのおとぶくろ』
絵本原画展をみました。チェコの空気をまとったうさぎたちの
愛らしい温かい姿にほっと心がほどけていくひととき。
4月から受講する講座のテキストも購入しました。

デパートのインテリアコーナーをじっくり見たり、地域のアンテナ
ショップでご当地お菓子を買ったり。

どのお店も(ブランドショップでさえ)照明を落とし、外国人
旅行客も見かけない平日の銀座は、目に見えて空いていました。

夕闇が迫ってきたころ、節電の銀座は店じまいとなります。
かつてないほど薄暗い銀座通りを横目に夕食は日水土へ。

him1.jpg


こちらも予約が取れないことで有名です。
お昼にふと、もしかしたら…と思い電話してみたらカウンター席が
空いているということで即予約しました。
その後、お店にいたときに電話で何度も断っていたようなので
タイミングがよかったみたいです。

him3.jpg

野菜9品の盛り合わせ。
想像以上のボリュームに思わず歓声!
どれも丁寧に調理され、野菜なのに満足度が高いです。

him4.jpg

続いて、いろいろ豆の煮込み。
名前からは豆だけを想像していたのですが、こちらも野菜が
たーーっぷり!!
緑の野菜たちにのみずみずしさ、蓮根のほくほく感がたまりません。
豆も金時豆、花豆、レンズ豆などがカレー風味でスパイシーな
アクセント、美味しくいただけました。

この辺りですでに、これ以上おなかに入らない気がしていたのですが・・・
メインのお肉料理の登場です。

him5.jpg

岩手産の豚肉と雲仙の「こぶ菜」というお野菜。北と南の食材が
マッチングして、マッシュルームのソースもとても美味しかった。

野菜を丁寧に料理すると、みずみずしいままなので水分も必要以上に
いらないし、たくさん食べなくても満足度が高い、ということを
久しぶりに体感しました。美味しいものを食べるってなんて幸せ!
有機野菜などを使用していることもあって、お値段はどれも少々
高めに感じるかもしれません。ですが、それに見合う美味しさです。
2人であればコース選択するほうがバランスよく色々楽しめそうです。

食をとりまく状況は大変に厳しいですが、こうした技をもった料理人、
お店の方にはぜひ頑張っていただき、食の安全や楽しみをアピールして
もらいたいと強く思います。

2011.03.25 / Top↑
Secret