上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
cahdle.jpg

2011年3月11日金曜日、14時46分。

のちに「東北地方太平洋沖地震」と命名される、地震から一週間が経ちました。

今回の地震による災害により、お亡くなりになられた皆様には心よりお悔み
申し上げます。また、大きな被害に遭われ現在も危機的状況におかれている
皆様には、一日も早く平穏な日々が戻ってことを祈ってやみません。

原子力発電の危険な状態、毎日の計画停電…。

「とても現実とは思えない」毎日が続き、たった一週間前まで当たり前に
送れていた日常が遠いことのように思えます。

東京にいてさえ、心休まる時はなく、揺れていない時も揺れているような、
常に自分の中に余震を抱えている状態です。

図書館に出勤し、日々どうするかを考え、家においては停電に備える。
できるだけ平常心でいようと日々を送っておりますが、ブログを更新するまでの
気持ちは持てませんでした。しかし、地震以降も更新がなかった毎日一定の
アクセス数があったようです。もしかしたらご心配をいただいている方々が
いるのかもと、久しぶりに書いてみました。

11日当日の自分の体験は、話せば長くなってしまいます。
地震を感じた人は誰でも怖い思いをし、大変な思いをしたはずで、現在も
不安感という意味では地震を体験しなかった西日本の方にも、むくむくと
じわじわと、ふくらみ広がっている。

まだ事態は収束していないし、好転はしていません。

けれども、工夫をしながら、できるだけ当たり前の日常を送ることが、
いまやれることかなと思います。

写真は、吉祥寺の雑貨屋で売っていた、ボタン電池で点灯するキャンドル型の
小さなライトです。微々たる光ですが本当のキャンドルよりは安全です。

光が、明かりが、どれだけ人の心を明るくしてくれるか知りました。

日々思うことは随時twitterで発信していきます。

このブログでは前向きに、これまで通り、好きなもの美味しいものを
発信していきたいと思います。

よろしければ、今後もお付き合いくださいね。
2011.03.18 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。