スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソウル・キッチン

映画の日に、映画を観ました。

sk2.jpg

『ソウル・キッチン』 (2009年 ドイツ=フランス=イタリア)
原題:SOUL KITCHEN
監督:ファティ・アキン
出演:アダム・ボウスドウコス、モーリッツ・ブライブトロイ、
    ビロル・ユーネル、アンナ・ベデルケ 他


様々な人種が住む街・ハンブルク。
ジノス(アダム・ボウスドウコス)はレストラン“ソウル・キッチン”の
シェフ兼オーナー。庶民的な味を目当てにする常連客で成り立っている。
ある日、訪れた高級レストランでシェフのシェイン(ビロル・ユーネル)が
クビにされる現場を目撃。その後 腰をいためて調理することができなくなった
ジノスは彼をスカウトするが、シェインの料理は常連客に受け容れられず
客足は遠のき閑古鳥。愛する恋人ナディーン(フェリーネ・ロッガン)は
仕事で上海に行ってしまう、税務署の差し押さえにあう、兄イリアス
(モーリッツ・ブライプトロイ)が刑務所から仮出所してくるなど、災難
続きのジノスだったが…


※この先の記述は映画の内容を含みます。

ピーター・バラカン氏がラジオで絶賛しているのを聞き、絶対に
公開中に観ようと思っていた映画です。
音楽と料理が楽しめるコメディ映画ときいていましたが、ストーリーも
しっかりしていて人間ドラマとしても楽しめました。

何より、主人公・ジノスをはじめとする登場人物のキャラクターが
しっかり描かれていていい。
特にジノスは、最初はテキトーに飲食店をやってる若者なのかなと
思っていたけど、実はそうじゃないことが観ているうちに伝わってきて
最後の方は完全に感情移入していました。
一から手作りで育てた自分の店を愛しているし、恋人を愛しているし、
刑務所帰りのダメ兄貴ですら受けいれる。
税務署の差し押さえでステレオが持って行かれた時に発した言葉
「音楽がないと魂が飢えてしまうんだ!」にぐっときました。
普通の幸せを望む気持ちや優しさを、忘れていたかもしれないなと
ジノスの姿を見ていると思います。

料理にもソウル、音楽にもソウル。
だから、ソウル・キッチン。

人生には悪いことばかり重なるときがある。それでも、大事なものを
諦めずに守ろうとしていれば道は開けるのかも。

観た後 元気になれる映画です。

[ 2011/03/01 17:38 ] 映画 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。