上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
od3.jpg

『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』 (2010年 日本)
監督:本広克行
出演:織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、伊藤淳史、小栗旬  他


湾岸署を襲った最悪の猟奇的連続殺人事件から7年。
強行犯係係長に昇進した青島刑事(織田裕二)は、
高度なセキュリティシステムが導入された新湾岸署の
「引越し対策本部長」に。
しかし、引越しの真っ最中に、湾岸署管内で次々と
金庫破りやバスジャックという事件が発生したうえ、
湾岸署から青島らの拳銃が3丁盗まれ、盗まれた拳銃に
よる連続殺人事件が起きてしまう。湾岸署には特別
捜査本部が設置され、管理補佐官の鳥飼(小栗旬)と
ともに青島は捜査を開始するが・・・

”踊る”シリーズの最新作が、青島が帰ってくる!!
ということで初日の初回に観に行ってきました。

※この先の記述は、映画のストーリー内容を含みます。


一言で言うと、あれ?という感じでした。
わくわくしたり、笑ったり、ほろっときたり、の
絶妙な按配やテンポが魅力のシリーズだったのに、
なんだかすっきりしないなーという感じ。

踊るマニアにならば、分かるのでしょうか。
マニアにしか分からない映画になっちゃったのか?

青島が係長になって、健康上の不安とかいろいろ考えて
ちょっとくたびれた感があるっていうのは、いいんです。
年月が経っていても、状況が変わっていても、青島の
キャラクターにはブレはなかったと思います。

ただ、作品世界全体に歯切れ悪さがあるような・・・。

もっとスカっとしたものを、期待してしまったようです。
脇キャラの扱いがいまひとつ生きてないのがとにかく残念。

ユースケの真下も消化不良だし、青島の部下・仲間の強行班係
メンバーも活躍できていない感じ。
だいたい、雪乃さん(水野美紀)が出てないなんて納得がいきません!
大人の事情なんてふっ飛ばして欲しかったなあ。

そんな中では、佐戸井けん太さん演じる魚住課長が、ピカイチ
でした。小栗旬演じる鳥飼管理補佐官、小泉孝太郎演じる交渉課の
小池課長もよかったですね。画面の中で存在感がありました。
そして、密かにSATの隊長ファンだったので、ちらっと出たときは
嬉しかったです。

それにしても、もう見られないと思ってた青島に会えただけでも
ヨシとすべきか。もしかしたらふか~いメッセージがあるのか?
まだ意味があるのならばとまた観に行ってしまいそう。

モヤモヤ感の残る映画でした。
(あくまで個人的感想です。)
2010.07.03 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。