スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひとつのCOBOでパンとスープ

ウエダ家の「ひとつのCOBOでパンとスープ」講座に参加してきました。
野生酵母に魅せられ、書籍や各種イベントを通じて酵母の魅力を
発信する「ウエダ家」は家族5人を中心としたチーム。
酵母=COBOを広めるため、幅広く活動されています。

ueda2.jpg

今日はウエダ家の活動や、酵母についてのお話を伺い、
いくつかの酵母、そして酵母を使ったスープやパンを試食する
スタイルの講座でした。

乳酸菌などを模したガラスのオブジェ。
『もやしもん』を思い出します。

ueda1.jpg

スープは、昆布酵母を使ったきのこのポタージュと、
トマト酵母を使った冷製スープ。
どちらも「これで調味料なし?」と驚く、しっかりとした
味で満足感を与えてくれ、とっても美味しい。

パンは、トマト酵母のグリッシーニと、りんご酵母を使った
角食、お米の酵母のスコーン。

「ご飯のようなパン」という説明どおり、ぎっしりとしてて
ベイクした感じもそんなにないパンでした。

「ラボ」とよぶ、無菌室のような一室で、真っ白な衣服に
身を包んだウエダ家の皆さんに伺う酵母のお話は、料理の
教室に来ているとは思えない雰囲気でした。
実験室のような。

今回は単発でしたので、日程が合えば連続講座も受けて
自分で実際に酵母に触れてみたいです。

[ 2010/06/19 16:14 ] 風景 | TB(-) | CM(2)
>3sheepさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
りんごCOBOパン、美味しそうですね!
ウエダ家さんでも、満足いくパン作りになるまでは
かなり試行錯誤だったそうですよ~。
普段パンを焼くこともなかなか遠ざかっているのですが
チャンスがあればまた講座を受けてみたいです。
[ 2010/06/22 23:36 ] [ 編集 ]
こんにちは。Twitterからまいりました。
私も先日Blogにりんご酵母パンをのせたばかりなので思わずコメです♪

ウエダ家さんの本を見て見よう見まねで起こした酵母で
初めてパンを焼いてみたのですが、やっぱり加減が難しいですね~。
講座などで詳しく習ったほうがいいのだろうなと思いました。
トマト酵母がかなり気になっています。
これから季節なのでぜひ挑戦してみたいな。
また講座を受けられたらUPしてくださいね~。それでは☆
[ 2010/06/22 23:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。