スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スウィート スウィート スウェーデン

ライオンビルで開催していた2日間限定の北欧イベント、
Sweet Sweet Sweden+に行ってきました。

fika3.jpg

1階はリサ・ラーソンの作品をはじめ、北欧にちなんだグッズの
販売と、スウェーデン在住の料理研究家・土井始子さんのカフェ、
2階はワークショップ会場とマルシェ、3階は移動映画の会場と
なっています。リサのポニーはいつか欲しいもののひとつ。
マルシェでは、スウェーデン刺繍のK-style湘南さんの方とお話。
以前 友人からいただいた作品がこちらのものだったのです。
とても喜んでいらっしゃいました。

fika2.jpg今回こちらのイベントにやってきたのは
Kino Igruの上映会が目当て。
パン屋に本屋に、野外。
さまざまな場所で上映会を行い、その場所を
生かしたセレクトの映画を見せてくれるという
ことで以前から参加してみたいと思っていた
のです。上映前には土井さん手作りの北欧
お菓子とベリージュースが配られます。
右が、土井さん。



fika4.jpg上映映画はリンドグレーン原作・脚本の
『おもしろ荘の子どもたち』。
マディケンとリサベットという、かわいらしい姉妹と
北欧の魅力が詰まった楽しい映画でした。
私も同行の友人も妹がいるので、小さい頃を
思い出しながら観てたんじゃないかと思います。
同じことをしていたわけじゃないのに、なんだか
懐かしい気持ちになりました。
「トクベツな一日」っていっぱいあっていいんだな。
そう思えた、そんなトクベツな一日です。



[ 2009/11/15 21:07 ] 展示 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。