nan1.jpg『南極料理人』 (2009年 日本)

監督・脚本:沖田修一
原作:西村淳 
音楽:阿部義晴
出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、豊原功補 他

<あらすじ>
南極ドームふじ基地にやってきた8人の観測
隊員にはそれぞれに任務がありました。
その中の1人、西村(堺雅人)は調理担当。
隊員の毎日・毎食の食事を作ることが彼の
任務なのです。

過酷な条件の中で約1年半、家族と離れて
8人の男達が擬似家族のように暮すさまを
綴ったヒューマンドラマです。



元南極観測隊員の書いたエッセイを映画化したもの
ですが、原作とは少し設定を変えてあるようです。
『かもめ食堂』のフードスタイリストの飯島奈美さんが
料理を担当するというので、とても観たかった映画でした。
南極が舞台ですが、特に大きな事件が起こるわけでは
ありません。でもそこが面白い。
西村が丁寧に作った食事のかずかずが、どれも美味し
そうに見えるのは、料理人としての技術もあるけれど何より
「おいしいごはんを食べると元気がでるでしょ」という言葉に
こめられた作り手の思いによるものだと思います。

「いただきます」「ごちそうさま」の気持ち。
皆で食事をする楽しさ。
食べることは生きること。
観終わって、ああ、よかったな、と満腹な気持ちで
映画館を後にしました。

ロビーには実際に映画で使われた道具の展示も
あり楽しかったです。

nan2.jpg
2009.08.19 / Top↑
Secret