なかよしの先輩と食堂アンチヘブリンガンを再訪しました。
小津安二郎作品にはまっていた時に、たまたま知ったカフェバーですが、
一度行って、ものすごく好きになってしまったお店です。
カフェだけど落ち着いた雰囲気のなか、お酒に合う美味しいお料理が
いただけるます。ぜひまた来たかったので嬉しい。

anti1.jpgant2.jpg


(上)レンズ豆とスペルト小麦の茹でたもの。
とても美味しくワインといただきました。


店内には古本がたくさん並んでいて、自由に読むことができます。
何気なく手に取った本が、ちょうど先輩との話に出てきたオリーブオイルの
お店を開いた女性の本だったので、びっくりしてしまいました。
「本に関する偶然」が起こった場所には、とても縁を感じてしまいます。
流れていた音楽も大好きなFOURPLAYだし、やはりいいなあ。
ずっとそこにあって欲しい場所です。

気さくで、笑顔の素敵なマダムがドア外まで見送ってくださいました。
どうぞお元気でまた会いましょう。
2009.08.14 / Top↑
Secret