上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
横浜訪問の目的のひとつは、「JAZZ JAPAN AWARD 2011 LIVE」でした。

ジャズ専門誌「JAZZ JAPAN」により創設された「JAZZ JAPAN AWARD 2011」を
受賞した4組のアーチストによる受賞記念スペシャルライブ。
こうした形式のライブを観に来たのは久々です。
会場となる日産 グローバル本社ギャラリーは広々としてとても綺麗でした。

早めに行っても立ち見となり、お喋りしながら待っていると、最初はまばら
だったギャラリーも始まるころにはびっしり。

jja3.jpg

まず、ソイル & “ピンプ”セッションズが登場。
コンベンションセンターでのジャズイベントとあって、ファンも数える
ほどでしたがアウェイ感をものともせず、楽しいパフォーマンスを展開。
キャリアの確かさを感じさせる演奏力で観客をひきつけていました。

続いて若干20歳で受賞の井上 銘さん(ギター)。
バンドも20歳前後のメンバーで固めておりフレッシュな演奏でした。

そして、注目を集めた10歳で受賞の奥田 弦くん(ピアノ)。
とても上手でしたが、身体が小さくてまだ音が弱い部分があり、
BGMにかき消されるような場面もしばしば。
今後どう成長していくのか楽しみなような、心配なような・・・

トリは世界的に有名な人気ジャズピアニスト、山中千尋さん。
小さい身体から放つ音の粒は迫力満点でした。
MCにユニークなお人柄も垣間見えました。

「もっと生活にジャズを」ということをどのアーティストもメッセージと
していたのが印象的でした。
ざわざわしているところでも、心地よく聴こえるのがジャズの自由で
素敵なところだと思います。
そんなことをあらためて実感したイベントでした。



スポンサーサイト
2012.02.25 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。