スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏休みの空気

国立に通うようになり多くの出会いがありましたが、
ここ匙屋の存在はとくべつです。

中に入るとふわっとほっとして、優しい気持ちになれるのです。

sajisum2.jpg
来るたびに新しい発見がある店内。
風鈴が風の通り道を知らせてくれます。

sajisummer.jpg

お抹茶と、松風。
匙屋の夏のおもてなし。

ちりりんと風鈴の音を聞きながら、夏休みならではの時が止まる瞬間を
感じました。


[ 2012/07/27 19:38 ] 風景 | TB(-) | CM(0)

本屋にかき氷屋さんがやってきた

国立本店のてぬぐいカフェに、出張かき氷屋台が
やってきました!

koriyui1.jpg

普段は屋台でたい焼きを売っている、たいやきや・ゆいさん。
夏場はたい焼きをお休みし、かき氷屋さんとなります。

国立本店で、かき氷の手ぬぐいを限定販売したのにちなみ、
特別に出張していただきました。

しかし、連日の猛暑が嘘のように気温が23度・・・
そして、雨・・・

でも、ゆいさんはいつも通り、にこにこと通りを行く人々に
あいさつしていました。
たい焼きの常連さんたちが「あれ?どうしたの、今日は?」
「今日は寒いからまた今度にするわ。でも頑張って!」と声を
かけていく様子は、心温まります。


koriyui.jpg

ブルーと赤の色合いが素敵な、かき氷機は、数年前に購入し
「いつかやりたい」と温存していた秘密兵器です。
しゃくしゃくと音をたてながら、回す姿に見入ってしまいます。

koriyui3.jpg

ソースも練乳も、もちろん餡子も、すべて手作り!
今日は残念ながら練乳はなかったのですが、
どれもおいしそうで迷います。
宇治金時のお抹茶も、朝 点てたものだそう。

koriyui4.jpg

私は濃いカラメル味と、練乳をまぜたキャラメルソースと、
2種類のソースがかかった「キャラメル」にしました!
(裏メニューです♪)

思った通り、すごく美味しかったです~。
なんと、旭通りにある柿屋ベーグルさんご夫妻がお店の休憩の
合間に駆けつけてきて、「今年10回以上食べている」と!
他の方の味見をさせてもらいましたが、(梅味、宇治金時)
どれも美味しかったので、やみつきになる人がいるのも
分かりますね。

9月からゆいさんは、また たい焼き屋さんに戻ります。
今年の夏 最後の 出張かき氷は 8/28(日)匙屋さんにて。

[ 2011/08/21 15:36 ] 風景 | TB(-) | CM(0)

パッチワークがまぐち

匙屋で、ミヤモトカオリさんのがまぐち(大)を買いました。

iru1.jpg iru2.jpg
ずっと大きいサイズが欲しくて 、今年4月の個展、
大阪のミヤモトさんのお店であるいるふ。訪問などでも
いろいろ手にとりましたが、ぴんと来るものがなく、
気長に待とう~と思っていたのですが・・・

iru3.jpgこの片隅の刺し子風な布が
気に入って決めました。
全体の色合いもスモーキーで
北欧っぽくて、いい感じ。


iru4.jpg


中のポケットの柄も、一点ずつ違うんですよ。
以前買った小銭入れを入れ子にして、お財布として
使う予定です。
[ 2009/10/20 23:06 ] 雑貨 | TB(-) | CM(0)

西天満 いるふ。

irufu1_20090831154037.jpg以前、国立の匙屋で見て以来、すっかり
虜になったミヤモトカオリさんのがまぐち。
4月の個展で買ったがまぐちも、いつも
持ち歩いています。
そんなミヤモトさんのお店「いるふ。」に
お邪魔しました。

おりしも、がまぐち展が開催中でした!




irufu3.jpg irufu2_20090831154037.jpg

今回もさまざまな国の、さまざまな素材の布がパッチワーク
されたがまぐちがサイズも色々に並んでいました。
どれもかわいかったけれど、今回はサイズと色あわせが
「自分の」と思えるものはなかったです。
妹は見つけたようで、買っていました。

ミヤモトさんの「好きなもの」を集めたという店内は、
フェアトレードの雑貨や、食品が山積みでとても楽しい。
美味しそうなオーガニックのお菓子をいくつかお土産に
購入しました。

これからも 作品はちょこちょこと作成されるそうなので、
また楽しみにしたいと思います。
[ 2009/08/28 16:15 ] 2009 大阪 | TB(-) | CM(0)

私色のがまぐち

大雨でしたが、匙屋でミヤモトカオリさんのがまぐち展を見てきました。
c0064161_18254033.jpg
国や時代や素材のちがう、小さな布を縫い合わせて
がまぐちを作っている作家さんです。
布や色の組み合わせによって、知ってる人を想像させる
という不思議ながまぐち。
以前、友人へのプレゼントに購入したのですが、
そのときお店にあったものは「自分色」じゃないと感じた
ので、自分用には購入を見送ったのです。
(これでも、最近買い物には慎重になっています)
たくさん新作が並ぶという個展で「出会い」があれば
買おうと決めていました。
そして出会いは・・・ありました!

irufu1.jpg irufu2.jpg

表裏、まったく違う表情なのも、ミヤモトさんのがまぐちの
魅力のひとつなのですが、これはどちらの面も「私のだ」と
ひと目見て確信を持ちました。
ちりちり鳴る鈴も嬉しい気持ちにさせてくれます。
さて何を入れようかな?

[ 2009/04/25 22:25 ] 雑貨 | TB(-) | CM(0)

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。